【糖尿病が心配】はぐくみオリゴで血糖値は上がるの?実験結果を大公開

はぐくみオリゴ糖,糖尿病,血糖値,口コミ,効果,便秘

 

便秘解消のため「はぐくみオリゴ」を試してみたいけど以下のような心配をされる方もいるのではないでしょうか。

 

  • 血糖値が上がりそう
  • 糖質制限中に摂っても大丈夫?
  • 妊娠中だから妊娠糖尿病にならないかな
  • 持病の糖尿病が悪化するのでは

 

私自身も妊娠中で、妊娠時は血糖値が上がりやすいから気を付けるよう言われています。「はぐくみオリゴ」は安心して使えるのか、気になったので血糖値は上がるのか、実際に実験してみました。

 

はぐくみオリゴ糖,糖尿病,血糖値,口コミ,効果,便秘

 

なお、専門的なアドバイスを管理栄養士のサワコ先生からもいただいていますので参考にしてください。サワコ先生、よろしくお願いします。


 

はぐくみオリゴ糖,糖尿病,血糖値,口コミ,効果,便秘

 

まかせとき!


 

はぐくみオリゴ糖,糖尿病,血糖値,口コミ,効果,便秘

>>はぐくみオリゴを最安値で購入する方法はコチラ

 

 

【実際に実験】「はぐくみオリゴ」で血糖値は上がった?下がった?

 

家庭用の血糖測定器で「はぐくみオリゴ」を飲む前と飲んだ後の血糖値を測定してみました。

 

はぐくみオリゴ糖,糖尿病,血糖値,口コミ,効果,便秘

 

「はぐくみオリゴ」をはかりで正確に5g計量して

 

はぐくみオリゴ糖,糖尿病,血糖値,口コミ,効果,便秘

 

ルイボスティーに溶かしたら準備OK

 

はぐくみオリゴ糖,糖尿病,血糖値,口コミ,効果,便秘

 

「はぐくみオリゴ」を飲む前の血糖値

99㎎/dl

 

「はぐくみオリゴ」を飲んで1時間後の血糖値

97㎎/dl

 

数値は下がっていますが誤差の範囲。
変化なしと言っていいと思います。

 

「はぐくみオリゴ」を飲んで2時間後の血糖値

90㎎/dl

 

「はぐくみオリゴ」では血糖値は上がりませんでした。

 

※家庭用の血糖測定値での測定結果です。
結果には個人差がありますのでご了承ください。

 

実験方法の詳細

  1. 昼食を食べた2時間半後に実施
  2. 「はぐくみオリゴ」5.0gを溶かしたルイボスティーを飲み、1時間後、2時間後の血糖値を測定
  3. 使用した血糖値測定器はAcon社製「On Call Express」

 

 

【糖尿病でもOK?】「はぐくみオリゴ」で血糖値が上がらない理由

 

はぐくみオリゴ糖,糖尿病,血糖値,口コミ,効果,便秘

 

どうして「はぐくみオリゴ」で血糖値が上がらなかったんでしょう?


 

はぐくみオリゴ糖,糖尿病,血糖値,口コミ,効果,便秘

 

「はぐくみオリゴ」は血糖値が上がりにくいオリゴ糖だけで作られているからやで


 

 

「はぐくみオリゴ」は血糖値を上げにくいオリゴ糖だけでできている

 

オリゴ糖は数十種類あり、その中で以下の2種類に分別されます。

 

  • 難消化性オリゴ糖

    胃や腸で糖質として吸収されない→血糖値をほとんど上げない

  •  

  • 消化性オリゴ糖

    胃や腸で糖質として吸収される→血糖値を少し上げる

 

難消化性オリゴ糖は「糖」として吸収されないので血糖値への影響はほとんどありません。一方、消化性オリゴ糖は「糖」として吸収されるので血糖値に影響します。

 

なのでは血糖値を気にしている人におすすめなのはズバリ難消化性オリゴ糖!!
そして「はぐくみオリゴ」に含まれている5種類のオリゴ糖はどれも難消化性なんです!!

 

「はぐくみオリゴ」の原材料は全て難消化性のオリゴ糖

  • 乳糖加糖オリゴ糖
  • ガラクトオリゴ糖粉末
  • フラクトオリゴ糖
  • キシロオリゴ糖
  • ラフィノース

 

はぐくみオリゴ糖,糖尿病,血糖値,口コミ,効果,便秘

 

すごい!それなら糖尿病の心配も少ないし安心ですね。


 

はぐくみオリゴ糖,糖尿病,血糖値,口コミ,効果,便秘

 

そのうえ、難消化性のオリゴ糖は便秘を解消するパワーも強いんや。


 

善玉菌のエサになって腸内を元気にするサポートをするオリゴ糖。でもしっかり奥まで届かなくては意味がありません。「はぐくみオリゴ」は腸の奥まで届く難消化性オリゴ糖だけを厳選してブレンド。だから毎日スッキリ感が違うんです!!

 

はぐくみオリゴ糖,糖尿病,血糖値,口コミ,効果,便秘 砂糖(≠ショ糖)が含まれているオリゴ糖は要注意

 

オリゴ糖食品の中には砂糖が含まれていたり、オリゴ糖より砂糖の割合が多いものも少なくありません。砂糖の割合が多いものは摂りすぎると血糖値や体重に影響を与えます。その点、難消化性オリゴ糖100%の「はぐくみオリゴ」なら摂りすぎてもカラダにほとんど吸収されないので安心♪

 

はぐくみオリゴ糖,糖尿病,血糖値,口コミ,効果,便秘

 

難消化性のオリゴ糖が100%

糖尿病でも血糖値を上げにくい

はぐくみオリゴ糖,糖尿病,血糖値,口コミ,効果,便秘

はぐくみオリゴ糖,糖尿病,血糖値,口コミ,効果,便秘

>>はぐくみオリゴを最安値で購入する方法はコチラ

 

 

「はぐくみオリゴ」が糖尿病や妊娠中の方におすすめな3つの理由

 

「はぐくみオリゴ」は難消化性であることに加えて、糖質制限中の方、糖尿病の方や妊娠中の方におすすめな理由をまとめました。

 

GI値が低い

 

GI値とは血糖値が上がるスピードを数値化したもの。ブドウとの吸収スピードを100として、これを基準にしています。上の血糖値実験でも触れた「血糖値を上げにくい」ということに関連していますが、「はぐくみオリゴ」のGI値は砂糖や他の甘味料に比べてかなり低いんです。

 

「はぐくみオリゴ」と他の甘味料のGI値を比較

グラニュー糖 110
上白糖 109
三温糖 108
黒糖 99
はちみつ 85
メープルシロップ 73
てんさい糖 65
はぐくみオリゴ 10~30?

 

※はぐくみオリゴのGI値が正確にわからないのは、原材料である5種類のオリゴ糖の配合比が公表されていないため。GI値に関しては「はぐくみオリゴ」の販売元であるはぐくみプラスの公式サイトで以下のように紹介されていました↓

 

はぐくみオリゴのGI値はどれぐらいですか?

一般的なオリゴ糖のGI値は10~30であるとの記述があり、 また、一つの資料に、ラフィノースはオリゴ糖の中で最もGI値が低いとの記述がありました。 したがって、キシロオリゴ糖のGI値は20~30程度、ラフィノースのGI値は10程度と推察されます。

ちょっと奥歯にものがつまったような回答ですが、「はぐくみオリゴ」のGI値が低いことはわかりますよね。いつも使っている砂糖をGI値が低い「はぐくみオリゴ」に変えるだけでも、血糖値の上昇を低く抑えることにつながります。

 

 

はぐくみオリゴ糖,糖尿病,血糖値,口コミ,効果,便秘

 

高GI食品、つまり血糖値が上がりやすい食品ばかりを食べていると、血糖値が下がりにくくなって糖尿病につながるんや。血糖値が高めの人は60以下の食品を選んだり食べる量に気を付けるとええよ。


 

 

カロリーが低い

 

「はぐくみオリゴ」のカロリーは砂糖の3/4以下。砂糖の代わりに使うことでカロリーを抑えることができます。

 

エネルギー(100gあたり)

 

はぐくみオリゴ

上白糖

エネルギー 283kcal 384kcal
タンパク質 0g 0g
脂質 0g 0g
炭水化物 95.4g 99.2g
食塩相当量 0g 0g

※炭水化物以外は小数点以下を切り上げ・切り下げて表示しています

 

 

スプーン1杯(5g)のエネルギー

 

はぐくみオリゴ

上白糖

エネルギー 14.2kcal 19.2kcal
タンパク質 0g 0g
脂質 0g 0g
炭水化物 4.77g 4.96g
食塩相当量 0g 0g

※炭水化物以外は小数点以下を切り上げ・切り下げて表示しています

 

 

甘さが強め

 

オリゴ糖は砂糖に比べて甘味が少ないという特徴があります。「はぐくみオリゴ」の甘さも砂糖ほどは強くありません。それでも、オリゴ糖純度が高い「カイテキオリゴ」よりは甘さは強め。
糖質制限中、ダイエット中、妊娠中など、甘いものを控えている人は砂糖の代用品として「はぐくみオリゴ」を使うといいでしょう。

 

はぐくみオリゴ糖,糖尿病,血糖値,口コミ,効果,便秘

 

ただし砂糖ほど甘くならないからって使いすぎたらあかんで!


 

 

「はぐくみオリゴ」で作る糖尿病を予防する一品料理レシピ

 

糖尿病の方や糖尿病が心配な人におすすめなレシピがあります。
それは「はぐくみオリゴ大豆」
食前に食べると、体内で血糖値を抑える準備が体の中で整いやすくなるんです。

 

「はぐくみオリゴ大豆」の作り方

 

はぐくみオリゴ糖,糖尿病,血糖値,口コミ,効果,便秘

 

材料
大豆水煮 30g
はぐくみオリゴ 小さじ1

 

大豆の水煮の水気を切り、はぐくみオリゴと混ぜたら完成

 

 

「はぐくみオリゴ大豆」がなぜ糖尿病にいいのか

 

大豆製品を食べることは、糖尿病の治療薬として注目を集めているインクレチン※2というホルモンの分泌を助けます。

 

※インクレチンとは
血糖値を下げるインスリンの分泌を助け、食べたものを長く胃にとどめることで血糖値の急上昇を抑えてくれる消化管ホルモン

 

インクレチンの原材料はたんぱく質が分解されたアミノ酸。大豆製品を食べることはインクレチンの材料を補充することになります。さらに、インクレチンは甘味を感じると分泌されるのですが、血糖値を上げる砂糖などを使っては意味がありません。そこで「はぐくみオリゴ」の出番。血糖値への影響が少ない「はぐくみオリゴ」なら、血糖値を上げずにインクレチンの分泌を助けられるんです。

 

はぐくみオリゴ糖,糖尿病,血糖値,口コミ,効果,便秘

 

大豆水煮は缶詰や真空パックになってスーパーで売られています。安いし賞味期限が長いから買い置きできて便利。


 

(参考文献:「健康」編集部編(2014)『ヘモグロビンA1cがぐんぐん下がる糖尿病かんたん自力療法77』主婦の友インフォス情報社)

 

 

「はぐくみオリゴ」と糖尿病についてのまとめ

 

難消化性のオリゴ糖100%だから血糖値を上げにくい
GI値は砂糖の約1/5~1/2程度
カロリーは砂糖の約3/4と低め
甘さが強めなので砂糖の代用品として使いやすい
はぐくみオリゴ大豆で糖尿病予防

 

はぐくみオリゴ糖,糖尿病,血糖値,口コミ,効果,便秘

 

難消化性のオリゴ糖100%の「はぐくみオリゴ」は血糖値への影響が少ないので糖尿病の方や血糖値を気にされている方にもおすすめです。

 

私も使う前は心配していましたが、血糖値は上がるどころか、便秘が解消されてから下がりました。


 

はぐくみオリゴ糖,糖尿病,血糖値,口コミ,効果,便秘

 

実は便秘になると血糖値が上がりやすく、糖尿病にもなりやすいって言われてるんや。

 

原因は腸内環境の悪化。便秘で腸内に溜まった腐敗ガスは漏れ出すといろんな臓器の機能低下につながるねん。

 

例えば血糖値を下げるインスリンを分泌するすい臓の機能が落ちると、血糖値が高くなって結果的に糖尿病になるリスクも上がってしまうんや。


 

はぐくみオリゴ糖,糖尿病,血糖値,口コミ,効果,便秘

 

「はぐくみオリゴ」は血糖値を上げにくいうえに、腸内をスッキリさせることで糖尿病予防にもなるんですね。


 

腸内をスッキリさせて糖尿病を予防!

はぐくみオリゴ糖,糖尿病,血糖値,口コミ,効果,便秘

はぐくみオリゴ糖,糖尿病,血糖値,口コミ,効果,便秘

>>はぐくみオリゴを最安値で購入する方法はコチラ